“絵心ない”マエケン画伯がオリジナルグッズ販売 収益は医療機関へ寄付「7月目標で準備しています」

[ 2020年5月31日 17:12 ]

ツインズの前田健太
Photo By スポニチ

 ツインズの前田健太投手(32)が31日、自身のインスタグラムを更新し、「この度、マエケンオンラインストアーを作る事になりました」と発表した。

 内容は「ここでしか買えないマエケン画伯完全オリジナルグッズを販売していく予定」として、「同じ物は1回しか作らない予定で、月に1つ商品を出していこうと思っています」というプレミアグッズの販売を予定。目的は「新型コロナウイルスの感染患者の治療にあたってくれている医療機関へ寄付」として、商品の利益は「全額寄付」する意向で、「7月に販売スタートを目標に今準備しています」と明かした。

 マエケンといえば、テレビ朝日「アメトーーク!」(木曜後11・15)の人気コーナー「絵心ない芸人」でもおなじみ。“独特”な絵が持ち味で、広島在籍時代からマエケン画伯の絵がプリントされたTシャツなどは、売れ行き抜群の人気グッズだった。すでにファンからは「買います!」との声が多数寄せられており、なかには「アメトーークで書いたライオンTシャツを作って欲しいです」と予約希望も出ていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月31日のニュース