巨人・増田大 2安打でアピール「自信を持って打席に立てた」

[ 2020年5月31日 13:28 ]

<巨人紅白戦>初回無死一、三塁、田中俊の犠飛で生還した増田はナインとエアータッチの出迎えを受ける(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の増田大輝内野手(26)が31日、東京ドームで行われた紅白戦に白組の「1番・中堅」で先発出場。2安打を放ちアピールした。

 ダブルヘッダーで行われた1試合目に出場。初回に右中間二塁打、3回にも左前打と先頭打者として出塁し、2度とも本塁に生還した。試合後にオンライン取材に対応し、「いつも通りできた。自信を持って打席に立てた」と手応え。オープン戦期間中は「体の開きがあった」という打撃フォームを修正。「開かないように右足を残したバッティングフォームに変えるように練習してた」成果を早速出した。

 新型コロナウイルスの影響で遅れた開幕も6月19日に決定。「1軍の戦力になって貢献できるように1日1日無駄にしないようにしたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月31日のニュース