ヤクルト・浜田 開幕1軍へアピール弾「このまま残れるように頑張りたい」

[ 2020年5月31日 05:30 ]

紅白戦   紅組3ー8白組 ( 2020年5月30日    神宮 )

本塁打を放つ浜田(球団提供)
Photo By 共同

 ヤクルトの浜田が初の開幕1軍へのアピール弾を放った。紅組の「7番・右翼」で先発。2回に開幕投手を務める左腕・石川の初球、134キロの速球を左翼席に運んだ。

 「投手に合わせずに、自分のスイングをすることを心掛けた」。6回にも左腕・長谷川から左翼線に二塁打。左投手に強い印象を与えるマルチ安打を記録した。

 明豊(大分)で高校通算45本塁打を放った右の大砲候補。1年目の昨季はシーズン終盤に2試合出場し、無安打で終わった。今季は開幕が延期した中で、寮に隣接する室内練習場で打ち込みを続け、結果につなげた。試合後に1軍昇格を告げられた高卒2年目の19歳は「このまま残れるように頑張りたい」。外野手争いに割って入る。(黒野 有仁)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月31日のニュース