西武3年目のサブマリン・与座が3回1失点で開幕ローテ入り前進 辻監督「先発でいける」

[ 2020年5月31日 05:30 ]

紅白戦   白組3―1紅組 ( 2020年5月30日    メットライフD )

紅白戦に登板した与座(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 獅子のサブマリンが開幕ローテーション入りを引き寄せた。西武・与座が白組の2番手で登板し、3回を2安打1失点に抑えた。

 浮き上がる直球は最速は132キロを計測し、小気味いいテンポと制球力で凡打を重ねた。4回に昨季首位打者の森から空振り三振を奪い、5回には中村を二飛に仕留めた。6回に金子の犠飛で1点を失ったが3回を40球で投げ切る好投。辻監督は「先発でいったらどこまで持ちこたえてくれるか。コントロールを持っているから先発でいけるんじゃないかな」と開幕ローテーション入りを示唆した。

 17年にドラフト5位で入団。1年目の18年から右肘痛に見舞われ同年10月に右肘のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けた。昨季は育成選手としてリハビリ生活を送り、11月に支配下に復帰。「ここまで何もできていない。開幕ローテへの思いは誰よりも強い」と迎えたプロ3年目の1軍デビューの道が見えてきた。(春川 英樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月31日のニュース