巨人・大城 紅白戦で特大アーチ「完璧に捉えることができました」

[ 2020年5月31日 14:51 ]

巨人紅白戦 ( 2020年5月31日    東京ドーム )

<巨人紅白戦>4回1死、大城は先制ソロホームランを放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人が紅白戦を行い、紅組の「4番・捕手」で出場した大城が、右中間席中段に特大の本塁打を放った。0―0の4回、サンチェスの146キロ直球を豪快に引っ張る先制弾。ベンチに戻るとナインとは肘タッチや、エアハイタッチで喜び合った。

 先制の本塁打に「打ったのは真っすぐです。完璧に捉えることができました。次の打席もいい打撃ができるように、頭を整理していきます」と球団を通じてコメントした。守備では先発・田口を3回2安打無失点と好リードした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月31日のニュース