阪神・矢野監督 活動再開後2度目紅白戦終え「全体的に見ると順調」、ドラ6小川を高評価

[ 2020年5月31日 15:30 ]

阪神紅白戦 ( 2020年5月31日    甲子園 )

<阪神紅白戦>紅白戦を終えナインの前で話す矢野監督
Photo By 提供写真

 阪神は31日に活動再開後2度目となる紅白戦を実施した。矢野燿大監督(51)は試合終了後に紅白戦全体を振り返って「もう今すぐ開幕しても大丈夫だなという選手もいますし。まだもうちょっと時間もあるんで、もうちょっと時間を上げてここからいってくれるんだろうなという選手に分かれますけど、全体的に見るとね。みんな元気に順調にやれている」と選手から受けた印象を明かした。

 特に目立った選手には自己最速を更新する152キロを計測するなど1回1安打無失点と好投したドラフト6位・小川を挙げ「今日も本当にこの前(26日のシート打撃)よりもさらにいいボールがいっていたような感じに見えましたし。本当に勝ちパターンに入って来てもおかしくないような投球をしてくれている。小川が一番、目立っていましたね」とルーキー右腕の猛烈アピールに目を細めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月31日のニュース