日本ハム・清宮 ケース打撃で3安打大暴れ ロッテドラ1・朗希との対決「楽しみ」

[ 2020年5月31日 05:30 ]

ケース打撃で好調アピールの清宮(球団提供)
Photo By 提供写真

 日本ハムの清宮が、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で行われたケース打撃で一発を含む3安打の大暴れだ。秋吉から中前打を放ち、迎えた2度目の対戦。外角直球を右中間の防球ネット上部へ突き刺す125メートル弾に「いい感触だった。自主練習期間中に取り組んできたことがそのまま出せた」と笑顔をのぞかせた。

 2年目の昨季は骨折した右手有鉤(ゆうこう)骨の骨片除去手術で離脱するなど、打率・204、7本塁打。ミスショットや変化球も含めて差し込まれる場面が目立った。課題克服に向け、自主練習期間中に「バットが出やすくなるように」と左肘の抜き方を工夫し、結果につなげた。

 3年目で初の開幕1軍入りへ、6月2日から始まる練習試合でも結果を残す必要がある。ロッテとの最初の3連戦ではドラフト1位・佐々木朗が登板する可能性もあり「日本を代表する投手になると思う。160キロを体感したことがないので対戦が楽しみ」と目を輝かせた。(東尾 洋樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月31日のニュース