中日・梅津 2回完全で“当落線上”ローテ入り猛アピール「テストをしっかりものにしたい」

[ 2020年5月31日 05:30 ]

紅白戦   紅組0ー1白組 ( 2020年5月30日    ナゴヤD )

2回完全投球で猛アピールした梅津(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の2年目・梅津が30日、ナゴヤドームで行われた紅白戦で2回を無安打2三振の完全投球。開幕ローテーション入りに向け猛アピールした。

 「まだ当落線上だと思うし、きょうは全力で投げた。(6月)2日から始まる練習試合でも(ローテ入りの)テストだと思っているので、しっかりとものにしたい」

 納得の投球内容だった。打者6人を1安打に抑えた26日のシート打撃登板に続く快投。試行錯誤の中、新たな感覚を手に入れた。「上半身でコツをつかんでいるようなフォームだったが、今は下半身でコツをつかめている」。4勝を挙げた昨季後半戦をも上回る理想のフォーム。与田監督がその才能にほれ込んでドラフト指名した右腕は、着実にレベルアップを果たしている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年5月31日のニュース