ヤクルト村上 今季初打点「良いスイングができた」

[ 2020年3月20日 14:56 ]

練習試合   ヤクルト―阪神 ( 2020年3月20日    神宮 )

<練習試合 ヤ・神>5回2死一塁、適時二塁打を放つ村上(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの村上宗隆内野手(20)が20日、今季初打点を記録した。

 阪神との練習試合(神宮)に「4番・三塁」で先発出場。2点リードの5回1死一塁からエドワーズの真ん中への147キロ直球を右中間に運んだ。適時二塁打。「球の速い投手でしたが、初球から良いスイングができました」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月20日のニュース