日本ハム・栗山監督 22日西武戦、松坂との対戦心待ち「野球人として凄く楽しみ」

[ 2020年3月20日 05:30 ]

日本ハムの栗山監督(右)(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・栗山監督が22日の練習試合で予想される西武・松坂との対戦を心待ちにした。「監督としてではなく、野球人として凄く楽しみにしている。公式戦じゃないからこういうこともちょっとだけ口にできるんだけど、大輔には本当に(故障など)いろんなことがあったから頑張ってほしい」。きょう20日からの西武戦に向けて出発する新千歳空港で復活へのエールを送ると、言葉を続けた。

 「選手にとってプラスになってほしいと思う。レジェンドである選手と試合をやれるのは幸せなことなので」

 自身も現役時代に「怪物」から受けた衝撃を忘れていない。「(巨人の)江川さんが投げる打席に立ったと、今でも言える。凄くいい経験をした」。清宮らまだ若い選手が多いチームにも「平成の怪物」との対戦で何かを感じてもらいたい。

 開幕まで続く練習試合については、特別ルールを可能な限り避けたい考え。「特にうちは首脳陣が(昨季から)多く変わった。ベンチにも形があるので、なるべく試合に即してやる」と口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月20日のニュース