阪神 ドラ2井上プロ初失策直後に豪快な本塁打で汚名返上

[ 2020年3月20日 13:54 ]

 阪神のドラフト2位・井上広大外野手(18=履正社)が20日、中日2軍との練習試合に「4番・右翼」で先発。4回2死無走者で迎えた2打席目に笠原の甘い直球を完璧に捉え、左翼ネットを突き刺す豪快なソロ本塁打を放った。

 13日のプロアマ交流戦・関西国際大戦で放った一発以来、4試合ぶりに快音を響かせた一方で3回の守備では石川昂の飛球を落球して“プロ初失策”も記録。それでも直後の打席で汚名返上の結果を残した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月20日のニュース