中日・柳「カーブを有効に使えた」手応えの6回1失点 新球シンカーは“小出し”に

[ 2020年3月20日 16:15 ]

練習試合   中日―広島 ( 2020年3月20日    マツダ )

<練習試合 広・中>先発の柳 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 中日の先発・柳は6回6安打1失点と好投。新球のシンカーは、シーズン中も対戦が多いセ球団相手とあり「何球かだけ」と“小出し”に。

 代わりに多投したのがカーブだ。3回に菊池に左越えソロを浴びたものの、基本的に早いカウントで110キロ前後のカーブを使って投手有利に持ち込み「投げる高さ、カウントなど使い方をどうやったら打たれるか、抑えられるか分かった。有効に使えたので良かった」とうなずいた。

 本来なら開幕カードとなるはずだった広島相手に好投し「いろんなピッチングができたら、それに越したことはない。いろんなスタイルを強みにしたい」と新球に頼らない柳らしい投球を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月20日のニュース