ヤクルトが先制 エスコバー&上田が適時打

[ 2020年3月20日 13:57 ]

練習試合   ヤクルト―阪神 ( 2020年3月20日    神宮 )

<練習試合 ヤ・神>2回1死三塁、レフトへ適時二塁打を放つエスコバー(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 ヤクルトのアルシデス・エスコバー内野手(33)が20日、阪神との練習試合で先制打を放った。「7番・遊撃」で先発。2回1死三塁から西の内角へのシュートを左翼線に運んだ。「強い打球を意識して打席に入りました。とてもうれしいよ」と振り返った。

 1死一、二塁からは上田剛史外野手(31)が左中間への2点適時二塁打。「打ったのはシュートです。コースに逆らわず、うまく打つことができました」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月20日のニュース