マリナーズ・平野、背番6披露 登板記録更新へ意欲「1試合でも超すことができるよう」

[ 2020年2月15日 05:30 ]

ブルペンで投球練習するマリナーズ・平野
Photo By 共同

 マ軍の平野はメジャー3年目のキャンプを新天地で迎え、背番号6のユニホーム姿を披露。菊池と並んで41球のブルペン投球を行った。自身がダイヤモンドバックスで18年に記録した日本投手最多のシーズン75試合登板の更新を念頭に「1試合でも超すことができるようチームで一番、投げられるようにやっていきたい」と意気込んだ。

 救援投手が基本的に打者3人に投げないと交代できない新ルールは「しっかりブルペンで調整してからマウンドに上がることができる」と前向きに捉えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月15日のニュース