アストロズのサイン盗み問題 選手謝罪も球団オーナー「試合に影響していない」発言で波紋

[ 2020年2月15日 05:30 ]

 ナインが不正なサイン盗みで処分を受けたことに関し、キャンプ地で記者会見して謝罪した。主力のアルテューベは「球団全体で申し訳なく思っている。ファンや球界に衝撃を与えてしまい、凄く後悔している」と神妙な表情で語った。

 サイン盗みは世界一となった17年から、18年途中まで行われていた。ブレグマンも「チームとして謝りたい。このことから学んで前進していければと思っている」と述べた。しかし、ジム・クレイン球団オーナーが「試合に影響したとは思っていない」と発言したことに、米メディアの批判が集中した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月15日のニュース