中日・藤嶋、守護神適正試験 15日ロッテと練習試合へ「やっぱり結果」

[ 2020年2月15日 05:30 ]

沖縄キャンプ ( 2020年2月14日 )

守護神への思いを口にした藤嶋
Photo By スポニチ

 今季4年目を迎える中日の藤嶋が、15日の練習試合・ロッテ戦(北谷)で守護神の適正試験を受ける。阿波野投手コーチが「明日(15日)は藤嶋が最後です」と明かした。7日の阪神戦では同点の9回に登板し勝ち越しソロを被弾。「内容は大事だけどやっぱり結果」と右腕も零封を誓った。

 抑えの固定は昨季からの課題で今季も現状は未定。候補の一人のR・マルティネスはキューバ代表として東京五輪予選に出場するため開幕は不在。藤嶋は昨季、全32試合で救援登板し21試合連続無失点を記録するなど防御率2・48と安定感を見せており、昨季終盤にクローザーを務めた岡田とまずは争う。

 阿波野コーチが「交流戦まで屋外球場のナイターが多い。そういった成績も考慮する」と日程も要素の一つ。岡田、藤嶋ともに血行障害の手術を経験しており気温が上がらない春先の屋外ナイターは一つのカギ。昨季は岡田が18試合で防御率5・94に対し、藤嶋は16試合で0・56と大きな差が出ており、結果でリードしていきたい。(徳原 麗奈)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月15日のニュース