阪神ドラ2・井上が鮮烈デビュー!本塁打&適時打に虎党「スゲー!」「怪物や!」

[ 2020年2月15日 15:08 ]

練習試合   阪神2軍―四国銀行 ( 2020年2月15日    安芸 )

<練習試合 阪神2軍・四国銀行>4回、1死二塁、左越えに2点本塁打を放つ井上(撮影・成瀬 徹)       
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト2位・井上広大外野手(18=履正社)が四国銀行との練習試合に、4回2死二塁の場面で代打で登場し実戦デビュー。大きな拍手に迎えられ打席に向かうと、相手左腕・平山の初球を左翼席へブチ込み、鮮烈な初打席を飾った。スタンドからは「スゲー!」と大歓声が沸いた。

 そのまま「3番・DH」に入り、続く6回の第2打席は1死一、二塁の好機。2球目を中前に運んで“初タイムリー”を放ち「怪物や!」「早く1軍で見たい」と虎党のあふれんばかりの期待が聞かれた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年2月15日のニュース