ロッテ・福田光 3安打!2試合連続の猛打賞 井口監督「引き続き使っていきたい」

[ 2020年2月15日 05:30 ]

練習試合   広島5―4ロッテ ( 2020年2月14日    コザしんきん )

<広・ロ>2回無死一塁、福田光は右前打を放つ。投手遠藤(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト5位・福田光(法大)がまたまた大暴れだ。2回無死一塁で右前打を放つなど3安打。うち2本は初球を積極的に叩き「1球目から打つと決めて準備をしていた」。

 これで2試合連続の猛打賞。実戦3試合で12打数8安打の打率・667だ。剣豪のようにグリップを高く構える独特のフォーム。「しっかり上からしばかないとファウルになる。ちょっとでも上からバットを出す」と大学時代にたどり着いた。守備でも二塁から試合途中で遊撃に回り、井口監督も「三塁も守らせる。引き続き使っていきたい」とさらなる期待を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月15日のニュース