ロッテ・ドラ2佐藤 ブルペンで種市の投球受け驚き「ボールが重かった」

[ 2020年1月28日 05:30 ]

 22歳の誕生日だったロッテのドラフト2位・佐藤(東洋大)がブルペンで種市の投球を受けた。立ち投げで20球ながら「ボールが重かった」と驚いた。ルーキー捕手だが、学年では1年上であり「向こうはローテーションに入る投手だけど自分も捕手歴ではアマチュアのいろんな投手を受けてきた。気づいたことは話していきたい」と意欲。投球後はしっかりとコミュニケーションを交わしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月28日のニュース