イースタン今季日程発表 西武のカーミニーク球場こけら落としは巨人戦

[ 2020年1月28日 13:37 ]

 イースタン・リーグは28日、今季の試合日程を発表した。3月14日に3試合で開幕。中止による再試合は行わず、順位は最終的な消化試合数での勝率で決める。各球団で予定総試合数は異なり、最多予定がヤクルトの139試合で、最少予定が巨人の133試合。昨年10月1日に来季日程として一度発表されていたが、6試合が削除され、当初9月11日予定の巨人―西武が同月14日に変更された。

 西武は2軍本拠のカーミニーク球場(旧西武第2球場)が改修工事中のため、前半戦は横須賀、戸田など相手チームの本拠でホームゲームを行う。7月13日のフレッシュオールスター(松山)後の同月15日から、こけら落としで巨人3連戦が組まれた。

 合わせて春季教育リーグの試合日程も発表された。3月1日のヤクルト―巨人(戸田)から、12日まで計16試合。西武を除くイースタン・リーグの6チームが参加する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月28日のニュース