ソフトB 3.20開幕戦 福岡出身のラグビー福岡が福岡で始球式「1球に“福岡愛”を込めたい」

[ 2020年1月28日 05:30 ]

パナソニックの福岡堅樹
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは27日、昨年のラグビーワールドカップ(W杯)日本代表として活躍し、7人制で東京五輪出場を目指している福岡堅樹(27=パナソニック)が、3月20日にペイペイドームで行われるロッテとの開幕戦で始球式を務めると発表した。球団を通じ「名前も出身も福岡なので、1球に“福岡愛”を込めたいと思います」とコメントした。

 福岡は地元のソフトバンクへの思い入れは強く「ずっと強いので力をもらっている」という。年始の正月番組では内川、松田宣、周東らと共演。特に同じスピードを武器にする福岡と周東はお互いに刺激を受けていた。ソフトバンクはラグビー界のスター選手による第一投で、日本一4連覇へ弾みをつける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月28日のニュース