マリナーズ・菊池 真価の2年目、課題は「本来の真っすぐ」の復活

[ 2020年1月28日 05:30 ]

インタビューに応じるマリナーズの菊池
Photo By スポニチ

 マリナーズの菊池がメジャー2年目への対策を語った。昨季6勝11敗、防御率5・46と不本意な成績。現在アリゾナ州で自主トレ中で、「本来の真っすぐ」の復活を課題に挙げ「フォームの見直し、具体的にはテークバックの時に腕の位置を上げること。腕の位置を高くは、もともと西武時代にはできていた」と話した。動作解析を基にしたトレーニング施設を訪ね、運動力学の専門家に助言を求めるなどして熱心に修正。巻き返しを期す。 (スコッツデール)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月28日のニュース