ヤクルト・ドラ2吉田 捕手座らせ29球「自分が思っていたより良かった」

[ 2020年1月28日 05:30 ]

ヤクルトの吉田大喜(右)
Photo By スポニチ

 ヤクルトのドラフト2位・吉田大喜(日体大)が戸田球場での新人合同自主トレでブルペン入りし、初めて捕手を座らせて29球を投げた。カーブ、スライダー、チェンジアップなど5種類の変化球を投げ込み「寒かったけど自分が思っていたより良かったです」と心地よい汗を拭った。

 最速152キロの直球に加え、決め球であるスプリットも武器。その武器が生まれたのは大学3年時だ。1学年先輩だった西武・松本航にツーシームを教わり、自分なりにアレンジした。「どうやって投げているか聞きました」と感謝する。既にキャンプは1軍スタートが決定しており「先発でローテーションに入れるように頑張りたい」。沖縄では初日からアピールしていく。 (黒野 有仁)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月28日のニュース