巨人主力選手の移動便 悪天候で大幅遅延 約1時間遅れの到着に機内は拍手

[ 2020年1月28日 05:30 ]

疲れた表情で歓迎セレモニーに向かう(左から)坂本、菅野、沢村(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 坂本、丸らが乗っていた巨人主力選手の移動便が悪天候による大幅遅延に見舞われた。

 きょう28日からの合同自主トレ地の宮崎に向け、羽田空港を午後1時30分ごろに出発。だが低気圧と前線の影響で西日本を中心に大雨や強風が吹き荒れ、宮崎空港も視界不良に陥った。約1時間、激しい揺れを伴う旋回の末に1度目は着陸できず、2度目の挑戦で無事に着陸。視界不良での急降下を体験した坂本は「このまま海に落ちるんちゃうかなと思った。最後、みんなで(パイロットを)応援していた」と機内の緊迫した様子を明かした。

 2度目で着陸できなかった場合は羽田空港に引き返すことが乗客にアナウンスされていただけに、約1時間遅れの午後4時16分に到着となったが、機内は拍手と歓声に包まれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月28日のニュース