中日ドラ1・石川昂 飛距離アップへ増量計画 体重「3桁いきたい」

[ 2020年1月28日 05:30 ]

体重を3桁に乗せる意向を表明した中日・石川昂弥
Photo By スポニチ

 中日のドラフト1位・石川昂が、現在95キロの体重を3桁(100キロ以上)に増量したい意向を示した。

 「飛距離をもっと伸ばしたいので(3桁)いきたいですね。キャンプでは練習がきついと思うので食べて減らさないようにしたい」

 ナゴヤ球場で行っている新人合同自主トレでは、打撃フォームにおける最適なトップの位置を模索してきた。「良くなっていると思います」と手応えを感じており、この日もフリー、マシン打撃で快音を連発。プロ初のキャンプでは猛練習に励みつつ体重を維持し、そこから増量していく計画だ。

 体重3桁の日本人野手はごく少数だが日本ハム・中田(107キロ)、西武・山川(108キロ)ら強打者がずらり。増量で“仲間入り”を果たし、野望に掲げている「3冠王」獲得に近づく。(北野 将市)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月28日のニュース