ヤクルト・五十嵐 名球会「特例枠」目指す 日米通算905試合登板

[ 2020年1月28日 05:30 ]

ヤクルトの五十嵐
Photo By スポニチ

 ヤクルトの五十嵐が名球会入りを目指す。昨年の名球会総会で「特例枠」をつくることが決議され、日米通算905試合登板の右腕の名も挙がった。

 神宮のクラブハウスを訪れた40歳は「ありがたいこと。目指すものが増えるのは悪くない」と話した。21日に帰国するまでハワイで自主トレ。Jリーグ・札幌のGK菅野とともに持久力アップのトレーニングも行った。「シーズン通して戦う。中継ぎでも必要かな」。スタミナをつけ、さらに登板数を増やす。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月28日のニュース