元ロッテの伊藤義弘氏 4月から東福岡の教員に 野球部の指導も

[ 2020年1月28日 05:30 ]

東福岡で指導することになったプロ野球ロッテで活躍したOBの伊藤義弘氏
Photo By スポニチ

 春夏通算6度の甲子園出場を誇る東福岡は27日、ロッテで投手として活躍したOBの伊藤義弘氏(37)が4月1日付で保健体育の教員となり、野球部の指導に携わることを発表した。福岡市内での記者会見で伊藤氏は「子供が自信を持てるように気配りができる指導者になりたい」と話した。伊藤氏はJR東海から07年大学生・社会人ドラフト4巡目でロッテに入団し、通算257試合に登板した。母校は07年夏を最後に甲子園から遠ざかっており、「まずは生徒が本気になるような環境づくりをしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月28日のニュース