オリ・ジョーンズ、道頓堀にびっくり「アメージングな街だね」

[ 2020年1月28日 10:36 ]

室内で始動したジョーンズはフリー打撃に汗を流す(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックスの新外国人選手であるアダム・ジョーンズ外野手が28日、大阪市舞洲の球団施設で来日初となる自主トレーニングを行った。

 午前8時半からウエートトレーニングなどで体をほぐすと、室内練習場ではキャッチボール、ティー打撃や簡単なフリー打撃なども披露。まだ、時差ぼけが抜けないというが、「汗をかいて、しっかり体を動かすことを重点を置いた。ルーティンを大事に、やることをしっかりやって調整したい」と話した。

 前日は、大阪の街巡りも敢行。「道頓堀に5、6時間いた。アメージングな街だね。店もいっぱいあった。来日前に動画で調べて来たが、実際に見て驚いた。太らないようにしないと」と笑顔。

 来日した26日の夜には、球団関係者らと焼き肉を堪能したそうで、「神戸牛は食べていないが、これから食べる機会があると思う。それと、コービ―・ブライアントさんが亡くなられて、とても残念」と、表情を曇らせていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月28日のニュース