前日盗塁失敗も決勝犠飛呼んだ阪神・植田の“恐れぬ足”

[ 2019年10月8日 08:30 ]

セCSファーストステージ第3戦   阪神2―1DeNA ( 2019年10月7日    横浜 )

<D・神>8回1死一塁、二盗を決める植田(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 【追球ズーム ここにFOCUS】短期決戦では“ここぞ”での足がモノを言う。ヒーローインタビューに呼ばれた阪神の植田。打ったわけでも守備で魅せたわけでもない。でも、最も活躍した選手に指名されるほどの走塁だった。

 「昨日はやられていた(二盗失敗)ので、初球から行こうと決めていた。(走る)チャンスがあるピッチャー(エスコバー)でしたし、よかったです」

 同点の8回1死。死球の高山に代わる代走に出た。任務は分かっている。初球だ。完璧なスタートを切り、二盗に成功した。マウンドには左腕エスコバー、雨でグラウンドもぬかるむ。不利な条件下でも植田は走った。

 前日の第2戦は7回無死一塁から代走で二盗失敗。それでも初球盗塁を決めていた。失敗を恐れぬ強い心。自分の武器を生かすすべを知っている。この二盗後、暴投で三塁へ。梅野の中犠飛で決勝のホームを踏んだ。CSファイナルSでも、チームの大きな武器になることは間違いない。(秋村 誠人)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月8日のニュース