ヤクルト 高津監督が“初勝利”!村上に積極的な走塁のすすめ

[ 2019年10月8日 05:30 ]

初陣で勝利しハイタッチする高津監督
Photo By スポニチ

 ヤクルトの高津新監督が「初陣」を勝利で飾った。フェニックスリーグが開幕し、韓国・ハンファと対戦。監督就任後、初めて指揮を執って8―1の白星に「負けるより勝った方が気分が良い」と笑顔で振り返った。

 4回には1死から村上が右前打で出塁すると、二盗のサインを出し成功。8回にも無死一塁から走らせた。今季全143試合に出場し5盗塁だったが、この試合だけで2盗塁。

 指揮官は「チャンスがあったらドンドン走らせようかな」と今季36本塁打の大砲に積極的な走塁も促す考えを示し、村上も「足でも頑張ります」と意欲的だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月8日のニュース