西武 9日からファイナルS 平良「連投の感じをイメージして投げられた」

[ 2019年10月8日 05:30 ]

ブルペン投球する西武の平良                                                                                                                                          
Photo By スポニチ

 西武は、9日からのCSファイナルステージへ向け全体練習を行った。初のCS出場となる高卒2年目の平良は「負けられないので、一球一球大事にしていきたい」と意気込んだ。

 昨年のCSは寮で観戦。今季はブルペンを支える存在となり「今年は1軍にいると思ってなかったので、参加できて良かった。本塁打で流れが変わってしまうこともあるので、気をつけたい」。前日は打者相手にシート打撃で登板し中軸打者5人を完璧に打ち取った。この日もブルペンで投げ込み「連投の感じをイメージして投げられた」。勝利の方程式の一角だけに短期決戦での連投も見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月8日のニュース