鳥の“タテジマ姿”まだ終わらない…さあファイナルG倒!

[ 2019年10月8日 05:30 ]

セCSファーストステージ第3戦   阪神2―1DeNA ( 2019年10月7日    横浜 )

<D・神> 4回2死一、二塁、四球で出塁した鳥谷(右)はロペスに声をかけられる(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 「阪神・鳥谷」はまだ終わらない。ファイナルステージ進出が決まり、今季限りで退団する鳥谷の阪神最終年に、続きができた。

 負ければラストゲームだったこの日の出番は0―0で迎えた4回だ。2死一、二塁の先制機で無失点投球を続けていた高橋遥の代打として出場。ここで代わった石田と対峙(たいじ)し、フルカウントからの外角低めを見極めて四球で好機を広げた。一度もバットを振ることはなかったが、さすがの選球眼を見せつけた。

 試合後は柔和な笑顔を浮かべながら「俺はいいから…」とチームメートを立てるようなコメントを残した。6日の第2戦まで出番はなかったものの、矢野監督が「大事な場面で」と口にしていた通りの展開での出場。その起用方針は、今後の戦いでも変わらないだろう。

 次の舞台は9日から始まる巨人とのファイナルステージだ。そこを勝ち抜けば、甲子園に帰ってくることができる。「鳥谷と一日でも長く」――。レギュラーシーズン終盤から複数の選手が口にしていたその言葉、その思いが、快進撃を後押ししているように見える。(巻木 周平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月8日のニュース