“猛虎最年長”福留 死球の痛みに耐えフル出場「また楽しく、一つ一つやっていけたらいい」

[ 2019年10月8日 05:30 ]

セCSファーストステージ第3戦   阪神2―1DeNA ( 2019年10月7日    横浜 )

<D・神>初回に死球を受け痛がる福留(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・福留は試合後、アイシング器具を巻き付けた左足を少し引きずりながらバスへ歩いた。初回に死球を受けながらのフル出場。激戦を勝ち抜き、チーム全体で積んだ経験値を猛虎最年長としてかみしめた。

 「みんなが最後まで必死に戦った結果だと思う。みんなが成長していく上で次のステージへ進める。成長する機会が得られた。また楽しく、一つ一つやっていけたらいい」

 第2戦の9回2死で起死回生の同点弾を放ったように打倒巨人にも欠かせない存在。中1日しかないファイナルSへ左足を心配する声に「僕が一番心配している」と漏らした。「かなり痛い。何とかなればいいけど」。わずかしかない休息で回復が進むことを祈るしかない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月8日のニュース