楽天 FA補強へ ソフトB・福田、ロッテ・鈴木、広島・会沢らを水面下で調査

[ 2019年10月8日 05:30 ]

ファーストステージで敗退しファンへ一礼する平石監督(右端)ら楽天ナイン(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 楽天は今オフもFA選手の獲得に動くことが7日、分かった。今季は西武からFAで獲得した浅村や、新外国人のブラッシュ、ブセニッツが活躍し、新戦力がCS進出の原動力となった。今季の全日程が終了し、球団はここから13年以来となるリーグ優勝と日本一達成に向けて積極的な戦力補強に乗り出す。

 シーズンを通してソフトバンク・福田や、ロッテ・鈴木、広島・会沢ら複数のFA選手について水面下で調査を続けているという。いずれも権利を行使すれば複数の球団が獲得に動くのは確実で、今後も動向を注視していく。新外国人の調査も並行して進めており、チーム力アップのための整備を進めていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月8日のニュース