DeNA、4安打でCSファーストS敗退 守護神・山崎「もう一度力を付ける」

[ 2019年10月8日 05:30 ]

セCSファーストステージ第3戦   DeNA1―2阪神 ( 2019年10月7日    横浜 )

<D・神>CSファイナル進出を逃し、ファンに頭を下げるラミレス監督(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 DeNAは打線がわずか4安打に終わり、初の本拠地開催のCSで2年ぶりのファイナルS進出はならなかった。1点を追う9回2死一塁では、前夜に代打サヨナラ2ランを放った乙坂が登場。大歓声の中で打席に入ったが投ゴロに終わった。

 ラミレス監督は「3試合とも良い試合。恥じることはない」と振り返った。1点ビハインドの9回に登板した守護神・山崎は「今年の経験を無駄にせず、もう一度力を付けるのが僕たちの使命だと思う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月8日のニュース