早慶戦1勝1敗で3回戦へ 慶大快挙見届けようとOBの巨人・高橋前監督が声援も…

[ 2018年10月28日 17:27 ]

東京六大学野球秋季リーグ戦   慶大5―6早大 ( 2018年10月28日    神宮 )

<早大・慶大>観戦する小宮山悟氏(左端)と高橋由伸氏(右端)=撮影・沢田 明徳
Photo By スポニチ

 慶大は1点差まで追い上げたが及ばず、46年ぶりの3連覇はあす29日の3回戦に持ち越された。

 OBの巨人・高橋由伸前監督が声援に駆けつけるなど、歴史的偉業を見届けようと2万4000人の大観衆となったが惜敗。

 大久保秀昭監督は「6回のビッグイニングが痛かった。連打を重ねられてしまってはしょうがない。簡単じゃないですね…僅差で負けるのは監督の責任。1つ1つの選択がうまくできなくて悔しい」と肩を落としたが「明日がすべて。とにかく頑張ります」と前を向いた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月28日のニュース