早大6季ぶりV逃す 小島無念の3失点「勝負どころで力んだ」

[ 2018年10月28日 05:30 ]

東京六大学野球   早大1―3慶大 ( 2018年10月27日    神宮 )

早大の先発・小島(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 早大は6季ぶりの優勝を逃した。小島は3回まで毎回得点圏に走者を置く苦しい投球。5回までは零封したが、6回に無死満塁から押し出し四球で先制点を許すなど、7回6安打3失点で降板した。1敗で優勝が消える試合とあって「気持ちが入りすぎた。勝負どころで力んだ」。

 高橋広監督が今季限りで退く。「最後にいい思いをさせたかった」と悔しさをにじませながら「主将として慶応から勝ち点を獲って終わりたい」と言った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月28日のニュース