ブライス・ハーパー オフの移籍先は?米ブックメーカーの1番人気はカブス

[ 2018年9月20日 11:37 ]

ナショナルズのブライス・ハーパー外野手 (AP)
Photo By AP

 今季終了後にフリーエージェント(FA)となるナショナルズのブライス・ハーパー外野手(25)について、米国のオンラインブックメーカー「ボバタ」はその移籍先としてカブスを1番人気とし、2・5倍のオッズをつけた。

 2番人気はドジャースで4・5倍。獲得を狙っていると噂されているヤンキースは3番人気で5・5倍のオッズをつけ、4番人気がフィリーズの7・5倍と続く。ナショナルズ残留は5番人気で8・0倍。大谷が所属するエンゼルスへの移籍は7番人気で13・0倍だった。

 ハーパーは大リーグを代表するスラッガー。ルーキーイヤーの2012年に22本塁打の活躍で新人王を獲得すると、15年には42本塁打を放ち、本塁打王とリーグMVPに輝いた。今季はここまで149試合に出場して打率2割4分7厘、34本塁打、97打点。本塁打はリーグ2位タイ、打点はリーグ6位の成績を残している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月20日のニュース