大和初先頭打者弾&ロペス150号から連発 東を援護

[ 2018年9月20日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA6―1巨人 ( 2018年9月19日    東京D )

<巨・D>初回無死、左越えに先頭打者アーチを放つ大和(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 3本塁打でDeNA・東を援護した。初回、大和が内角低めの直球を左翼席へ運び、13年目で初の先頭打者本塁打となる2号ソロ。「勝手に体が反応した」と振り返った。

 ロペスは3回に日本通算150号の左越え21号3ランを放つと、5回にも左へ2打席連発の22号ソロ。巨人時代の13年3月29日の広島戦で放った1号から、6年目で達した節目に「ずっと本塁打が出ていなくて、やっと打ててうれしい」と言った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月20日のニュース