楽天・銀次決勝5号 13年目でキャリアハイ「イケイケの場面」

[ 2018年9月20日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天6―3オリックス ( 2018年9月19日    京セラD )

<オ・楽>8回1死、勝ち越し3ランを放つ銀次(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 楽天・銀次が決勝3ランを放った。8回、2点差を追いついた後の1死一、二塁で山本の外角直球を右翼席に運んだ。

 「イケイケの場面だった。真っすぐをコンパクトに打てたのが良かった」。13年目でキャリアハイとなる5号。「5番を打っている以上、長打を打てることは絶対条件。来年はもっと打てるように頑張りたい」。敗れていればCS出場の可能性が完全に消滅したが、まぬがれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月20日のニュース