マエケン 2/3回を無失点で今季2ホールド目 チームは首位攻防戦3連勝

[ 2018年9月20日 14:30 ]

ナ・リーグ   ドジャース5―2ロッキーズ ( 2018年9月19日    ロサンゼルス )

<ドジャース・ロッキーズ>4番手として登板した前田 (AP)
Photo By AP

 ドジャースの前田健太投手(30)が19日(日本時間20日)のロッキーズ戦にリリーフ登板。4番手として2/3回を1安打無失点に抑え、今季2ホールド目を挙げた。

 2連投の前田は5―2とリードの8回から登板。先頭の2番・ラメーヒューと3番・ダールから続けて空振り三振を奪い2アウト。だが、4番・アレナドに右前打を許し、ここで5番手・アレクサンダーとスイッチした。アレクサンダーは後続を断ち8回を無失点。この日の前田の球数は10だった。

 試合はこのままドジャースが3点差を守り切り、ロッキーズ3連戦をスイープ。これでナ・リーグ西地区首位のドジャースは、同地区2位ロッキーズとのゲーム差を2・5とした。前田はここまで34試合(先発20試合)に登板して8勝9敗2セーブ、防御率3・83。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月20日のニュース