ドラ1位候補東洋大・上茶谷 7回途中4失点で今季初黒星

[ 2018年9月20日 05:30 ]

東都大学野球第3週第1日   東洋大2―5亜大 ( 2018年9月19日    神宮 )

<亜大・東洋大>7回途中4失点で今季初黒星を喫した東洋大・上茶谷(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 ドラフト1位候補右腕の東洋大・上茶谷は7回途中4失点で今季初黒星を喫した。

 初回2死から3連続四球と苦しい展開。悪い流れを断ち切れず失策、適時打で3失点し「丁寧にいきすぎて守りのリズムを悪くした。むっちゃ悔しい」と反省しきりだった。この日は同期の右腕・梅津と最速159キロを誇る守護神・甲斐野とともにプロ志望届を提出したことが公示されたが「次はしっかり投げたい」と雪辱を誓った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月20日のニュース