オリ山本 乱調5失点「低めのフォークを見切られ…」

[ 2018年9月20日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス3―6楽天 ( 2018年9月19日    京セラD )

<オ・楽>8回1死、5失点し高山コーチ(左)とマウンドを降りる山本(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 オリックスは2番手・山本が大誤算だった。3―1で迎えた8回に安打と2四球で1死満塁のピンチを招き、ウィーラーに中前2点打、続く銀次に勝ち越し3ランを浴びて自己ワーストタイの5失点で2敗目を喫した。

 9試合ぶりの失点だったが「低めのフォークを見切られ、直球もボール先行になって苦しくなった。それでも何とかしなければいけなかったのですが…」と猛省していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月20日のニュース