PR:

【西兵庫】姫路工・水谷 親子2代の聖地へ 東洋大姫路を6安打完封

第100回全国高校野球選手権記念西兵庫大会1回戦   姫路工4―0東洋大姫路 ( 2018年7月12日    姫路 )

<姫路工・東洋大姫路>東洋大姫路打線を相手に完封勝利を収めた姫路工・水谷
Photo By スポニチ

 第100回全国高校野球選手権記念大会(8月5日から17日間、甲子園)の地方大会は12日、35大会で257試合が行われた。滋賀大会では3季連続で甲子園を目指す彦根東が登場。U―18日本代表1次候補にも選出されているエース左腕の増居翔太投手(3年)が4回を1安打無失点7奪三振という貫禄発進を見せた。香川大会では高松商が零封で初戦を突破。西兵庫大会では姫路工が東洋大姫路との強豪対決を制した。

 尊敬する父の背中が少しだけ近くなった。東洋大姫路を6安打に抑えて完封。姫路工・水谷は公式戦初完封での初戦を突破し、「打てるもんなら打ってみい…くらいの気持ちで投げました」と胸を張った。

 夏は12回の甲子園出場。1977年には優勝も成し遂げた名門に力勝負を挑んだ。「冬の時点で最速136キロ」と自己申告する伸びのある直球を軸にカーブ、スライダー、チェンジアップを効果的に配球。「味方が先に点を取ってくれて、自分の投球がしやすいようにしてくれた」。許した安打は全て単打。三塁を踏ませない安定感抜群の投球だった。

 水谷の父・信哉さん(41)は94年に姫路工のエースとして、同校史上初めての夏の甲子園大会に出場。中学3年時に同校のオープンスクールで父が甲子園で投球する映像を見て入学を決意した。「凄くて度肝を抜かれました」。気付けば父の背中を自然と追っていた。

 スタンドで息子の勇姿を見守った父は「勝負は勝ち負けがある。それよりも楽しむことです」と笑った。自宅で技術指導はされず、「楽しめ」を徹底されてきた息子は「チームとして甲子園という目標はありますが、とにかく一戦一戦です」と引き締まった顔で言った。(桜井 克也)

 ◆水谷 倖志(みずたに・こうし)2000年(平12)7月2日、兵庫県姫路市出身の18歳。小学2年時に豊富(とよとみ)ジュニアーズで野球を始め、豊富中では軟式野球部に所属。姫路工では1年夏からベンチ入りし、2年秋から背番号「1」を付けた。最速は昨冬の時点で136キロ。1メートル78、76キロ。左投げ左打ち。

[ 2018年7月13日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月22日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム