【東東京】聖学院 駒里ツインズともに無安打 無念コールド●

[ 2018年7月13日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念東東京大会2回戦   聖学院0―13成立学園 ( 2018年7月12日    神宮 )

<成立学園・聖学院>互いに競い合いながら、最後まで戦い抜いた聖学院・駒里俊申(右)と駒里俊偉
Photo By スポニチ

 東東京・聖学院の駒里ツインズの夏が終わった。弟の俊偉(しゅんい)、兄の俊申(しゅんしん)で1、2番を組んだがともに無安打に倒れ、成立学園に5回コールド負けを喫した。

 小学4年からずっと一緒に野球をやってきた2人。兄が「ライバルみたいな良い関係だった」と言えば、俊偉は「いつも競い合っていたが尊敬している」と称え合った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月13日のニュース