【青森】大湊高川内 20年度末に閉校、最後の部員山道「一生の思い出」

[ 2018年7月13日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念青森大会1回戦   大湊高川内0―38八戸北 ( 2018年7月12日    八戸市長根公園 )

<大湊高川内・八戸北>登板した大湊高川内の山道
Photo By 共同

 青森・大湊高川内のたった1人で活動していた分校の3年生部員が、最後の夏を終えた。「4番・投手」で八戸北戦に挑んだ山道は、0―38での5回コールド負けにも「やりきった」と胸を張った。

 学校は入学者減で20年度末での閉校が決まり、全校生徒は35人。新入生にも野球経験者はおらず、山道は他部や本校から助っ人を募って出場にこぎ着けた。この日は18歳の誕生日。「一生の思い出。親や仲間、先生たちに感謝しかない」と涙した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月13日のニュース