プロ野球選手会が高校野球応援企画 現役選手57人が母校のユニホームでエール

[ 2018年7月13日 16:48 ]

出身校のユニホームを着てポーズをとる(前列左から)日本ハム・中島、阪神・梅野、中日・福田、(後列左から)西武・増田、オリックス・T―岡田、中日・大島、日本ハム・中田
Photo By 共同

 プロ野球選手が節目の第100回を迎える全国高校野球選手権大会の盛り上げに一役買っている。13日、日本プロ野球選手会の臨時大会が開かれた大阪市内のホテルで選手7人が母校のユニホームを着て登場。愛知・享栄高のユニホームを着た大島洋平外野手(中日)は「高校野球で学んだことが今に生きている。選手は一試合でも多く(熱い試合を)やってほしい」とエールを送った。

 選手会がこの日、発表した高校野球への感謝を込めた企画「高校野球は僕らの原点だ」の一環。現役選手57人が出身校のユニホームを着て地元を応援するビデオメッセージを撮影し、会員制交流サイト(SNS)などで盛り上げる。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月13日のニュース