大谷の二刀流首振り人形に開場前から大行列!1年目から異例の抜てき

[ 2018年7月13日 11:58 ]

来場者に配布された大谷のダブルボブルヘッド
Photo By スポニチ

 エンゼルスタジアムで開催された12日(日本時間13日)のエンゼルス―マリナーズ戦で大谷の二刀流首振り人形(ダブルボブルヘッド)が来場者に配布された。

 各球団でこの企画を行うのは年間4〜6回程度。ダルビッシュ(カブス)、田中(ヤンキース)の人形が配布されたのはいずれも2年目だったが、大谷は01年イチロー(マリナーズ)、03年松井(ヤンキース)と同様に1年目からの抜てきとなった。

 開場前から球場正面には大行列ができ、現地の会社の同僚と訪れた東野弘昌さん(28)は「早く(右肘の)ケガを直して投手として投げる姿も見たいです」と大谷にエールを送っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月13日のニュース