【南福岡】沖学園、92年夏全国Vの西日本短大付を撃破!

[ 2018年7月13日 13:03 ]

第100回全国高校野球選手権記念南福岡大会3回戦   沖学園7―3西日本短大付 ( 2018年7月13日    春日 )

<沖学園・西日本短大付>満塁弾の市川(右から2番目)はチームメートと喜びあう
Photo By スポニチ

 沖学園が1992年夏の甲子園を制したシード校の西日本短大付に7―3で勝利した。

 1点を追う3回に4番吉村の中前打で同点。続く5番吉田の左中間への2点三塁打で逆転した。4打数4安打の吉田は「とにかく次につなごうと思った」と話した。

 4回には2番・市川の左翼席への満塁弾で加点した。「(本塁打は)公式戦は初です。まっすぐを狙っていた。気持ち良かった」と喜びを爆発させた。

 11安打7得点での快勝。吉田は「決勝で負けた2008年の夏を超えたいです」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月13日のニュース