PR:

ロッテ、ボルシンガー残留へ 球団早くも選択権行使明言「残ってもらいたい」

新発売される「ボル神ガー」グッズを手にするロッテ・ボルシンガー
Photo By スポニチ

 ロッテがマイク・ボルシンガー投手(30)を来季も残留させる方針を固めたことが12日、分かった。球団と井口監督がこの日までに方針を確認。林信平球団本部長は「(残留は)大丈夫だと思う。残ってもらいたい」と明言。1年契約の年俸9040万円だが2年目は球団側に選択権があり、いち早く、行使することを決めた。

 メジャー通算は8勝だったが、今季、ブルージェイズから加わると7日の日本ハム戦では外国人投手新記録となる10試合連続勝利を達成。両リーグトップの11勝(1敗)と予想をはるかに上回る活躍を見せており、6月には5勝0敗で月間MVPも受賞した。

 マウンド上だけではなく、自分が登板する以外の試合もロッカーにペンとノートを持参し、研究するなど、野球に対する姿勢も評価されている。井口監督も「先発はボルシンガーと(9勝の)石川が安定していた」と貯金2で前半を折り返した立役者と称賛する。

 初出場の13日の球宴第1戦はリリーフで2回を投げる予定。「2イニングを打者6人で抑え、全国の野球ファンにボルシンガーの名を知ってもらえたらと思うね」。今やファンからは「ボル神ガー」と神格化される助っ人右腕は後半戦だけではなく、来季も井口ロッテを支える。

[ 2018年7月13日 06:45 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月21日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム